ヒアルロン酸分解注射

他院でのヒアルロン酸注入後、トラブルで悩んでる方、仕上がりが不満な方へ

※この症例は、高見院長が日本皮膚科学会総会にて講演の際に実際に使用したモニター写真です。


Before
他クリニックにてクマ治療するも不自然に盛り上がっています。

After
1回の分解注射で終了した症例です。

当院では他院でヒアルロン酸を注入したところ、凸凹になってしまったり、期待していた仕上がりと違ってしまった方に、専用の薬剤を使用して注入したヒアルロン酸を分解、除去いたします。 この治療によりヒアルロン酸注入前の元の状態に戻します。

当クリニックでは、ヒアロニダーゼを使用しており、多数の症例を経験しています。
最近では、特に、他院でヒアルロン酸注入をした患者様の修正希望が、急増しております。
現時点では、以下のことがご説明できるようになりました。

●Q-Med社のヒアルロン酸シリーズであれば、ほぼ例外なく、分解することが可能です。 ヒアルロン酸の種類によって、効くものと効きやすいものの種類が、ある程度わかってきています。1回の処置でも分解治療が終了してしまうこともあります。
症状によってはそれ以上の回数が必要になることもあります。

●バストアップ用に使用されているSUB-Qに対しても分解効果が高く、多くの患者様にご満足いただいております。


<ヒアロニダーゼによるヒアルロン酸分解注射の適応例>

種類 回数の目安

<分解しやすいもの>

 

・Q-Med社

 

レスチレン タッチ
レスチレン
パーライン
SUB-Q

1~2回
2~5回
2~5回
2~5回
(※注入されている量によってはそれ以上かかることがあります。)

ジュビダーム

2~5回

ピュラジェン

2~5回

ハイラフォーム

2~5回

エセリス

2~5回

<ヒアルロン酸と他の製剤との混合物>

 

ダーマライブ

注入量によって異なります。回数測定不能。
消失しにくい可能性もあります。

ヒアルロン酸分解注射が効きにくい場合の治療はこちら >>
※ただし以上は目安であり、治療回数等お約束できるものではありませんので、ご了承ください。

 

●ヒアロニダーゼによるアレルギー反応は、確率的に低いと言われておりますが、より万全を期すために当院ではすべての患者様に対して、 腕の内側にアレルギーテスト(皮内テスト)を行っております。
※稀にアレルギー反応が出てしまった患者様には、別の薬剤もご用意しております。
(別の薬剤を使用する場合、追加費用が必要となります。詳しくはお問い合わせください。)

●ヒアルロン酸分解注射後の脹れ、内出血について ・ヒアルロン酸分解注射後は、注入量の分だけその部分が脹れたように見えますが多くの場合、数時間~半日で症状はおさまります。ただし、内出血を伴うことが稀にあります。内出血による脹れが1~2日程度、内出血による色味は1週間程度で収まります。(コンシーラーでカバーできるケースがほとんどです。)
※脹れ、内出血の可能性は低い確率でもありますので、メガネやサングラスをご持参いただくとご安心いただけます。

その他ご不明な点やご相談がございましたらクリニックへお越しいただき、診察をお受けすることをおすすめいたします。


症例写真


Before
他のクリニックにて涙袋をつくるも、大きく盛り上がっています。

After
注入剤がレスチレンタッチだったために反応が非常によく翌日にはあきらかな改善がみられました。
内出血なく、非常に満足されていました。

 

ヒアルロン酸分解注射の施術の流れ

診察
 ↓
クリーム麻酔、または局所麻酔(これにより痛みはほとんど感じません。)
 ↓
ヒアルロン酸分解注射
 ↓
軽く圧迫止血し、軟膏塗布
 ↓
終了(メイクしてお帰りいただけます。)

ヒアルロン酸分解注射 治療料金一覧

\32,400~ ※注入部位と量、使用する薬剤によって異なります。
例)両目の下 \32,400
例)法令線 \32,400
例)鼻 \32,400
例)バスト \54,000
※麻酔代 \1,080~\3,240
※アレルギーテスト(皮内テスト)代 \5,400

その他、ご不明な点やご相談がございましたら、クリニックへお越しいただき、
診察をお受けすることをおすすめいたします。


ヒアルロン酸分解注射が効きにくい場合の治療

Before
他クリニックでうけられた法令線へのヒアルロン酸注射の失敗例(ボコボコとヒアルロン酸がうきでてきている状態)

After
当院にて新しいヒアルロン酸注入を行うことにより、凸凹が目立たなくなりました。

ページトップへ戻る

タカミクリニック タカミ式ヒアルロン酸注入のご予約・お問合せ